見つめて

見つめて 疲れた 私は 抜け殻 それでも 見つめる あなたと 希望を
そしてまた 疲れた それって 口癖 ただただ 自分の 逃げ場が 欲しいの
いい加減 分かって 自分に また言う 心が 高ぶる あの時 再び 求めて
もいちど 見つめる 歩いて この風 あたって なんだか 冷たく 心地よい
閃光 感じて 色々 気づいた これから 私が 見つめる べきもの
だけど
もう無理 わかってる わかってる それでも 言わせて あなたに 会いたい あのとき とっても 優しかった あなたに
■poem
mahika
■photo
西 (photo 1,3,4,5,6,8,10 & 11)
tetsu (photo 2,7 & 9)
■model
natsuki


page
top